Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

名言

命令を質問の形に変えると、

気持ちよく受け入れられるばかりか、

相手に創造性を発揮させることもある。

 

~デール・カーネギー(思想家)~

 

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

命令を与えようと思ったら、
相手になりきって、

 「自分が発した命令」

を聞いてみよう。

気持ちよく
受け入れられるかどうか

考えてみようよ。

 

多くの場合には、
受け入れられない。

「論理」は正しくても、

 「命令される事」

に拒否反応を示してしまう。

 

人間は

 「論理」

では動かないよね。

 「感情」

で動くものだから…。

僕も、しょっちゅうある。

「論理」は正しいけれど、
「命令」されると拒否したくなる。

 

【1】納得感

02

それが

 「質問」

されて、

 自分で「行動」を決定

できたら、どうだろう…、
そうそう、

 【納得感】

を持って実行できるよね。

気持ちよく、受け入れて、
気持ちよく「実行」できる。

 

【2】責任感

03

また、

命令の形を取ると、

 「責任の所在」

は、命令を与えた側。

だから、命令を受けた側は、
行動自体に「力」がなくなる。

「うまく行っても、
 失敗しても、

 これは
 上司の(会社の)話…。」

と考える。つまり…、

 「他人事」

と思ってしまう。結果として、

 「達成確率」

も低くなる。

これに対して、

 「質問」

されれば、
自分で「考えて」実行するから、

 【責任感】

が生まれて、

 「達成確率」向上

が見込める。

 

【3】成長

04

もう一つ、

「質問」を与えられると、相手は、

 「自分自身と対話」

をする。その中で、

 「気づき」

が生まれる事がある。
すると、命令しようとした事よりも、

 「名案」

が出てくることもある。
カーネギーさんの言葉では、

 「相手に創造性を
  発揮させることもある。」

という部分だね。
ここでは、相手の

 【成長】

を期待する事ができる!。

 

まとめ

05

って事で、

「命令」を「質問」の形に変えると、

相手の、

 ・【納得感】

 ・【責任感】

 ・【成長】

を期待することができるね。

ぜひ!やってみよう!

 

Question

06
鷹羽詩みのる
あなたが「その命令」をした結果

【得たい情景】を想い描けますか?

そして、

答えが【その情景】となる質問は、

「どんな質問」ですか?

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です