【気分】アゲアゲで【行動】するための1つの重要なポイント

みのる
ピカチュウ探して 道に迷った 高橋みのるです。こんにちわ~。

ポケモンGo 流行ってますね~。もう社会現象化してます。

僕は、ミュウツーGETできるまで頑張ります!

さて、今回は…、

「行動」を変えるために、
「ステイト」を上げる方法についてのお話です。

僕の解説を手伝ってくれるのは、

例によって、

僕の「潜在意識」の中に住む愉快な仲間たち、

【ホンキー】【ジャッキー】です。

「アドラー心理学:「個人心理学」は「全体論」」
でも話した通り、

ふたりは「分割できない存在」なんだから、、、

みのる
よろしくお願いしますよ~~。

 

 

良い結果を得るためには…

2
みのる
良い結果を得るためには、何が必要かって話は、よくあるよね。
どう思う…?。
ホンキー
勉強にしても、仕事にしても、準備万端にする…。
ジャッキー
良い行動をして努力するって感じですか…。
みのる
そうそう、そんな感じ…。
結果を出すためには、「行動」を変える
「良い行動」を取るということだね。
ホンキー
それは、そうね~。
ジャッキー
うん、うん、分かる分かる…。

 

行動を変えるためには…

3
みのる
じゃ、その「行動」を変えるためには、何が重要だろう??
ホンキー
一生懸命に頑張る
ジャッキー
意識を高く持つ
みのる
確かに、確かに、、、そうだよね。

でもさ、でもさ、「顕在意識」の力って弱いんだよね…。

頑張ろう~って、集中しよ~って思っても、
なかなかできないし、続かない…。

ジャッキー
わかる~。
ホンキー
ジャッキー、実感込もってるね~。
で、どうするの…?。
みのる
「行動」を促すには「ステイト」を上げる
ジャッキー
「ステイト」…?
みのる
そう「ステイト」、「感情を伴う気分」のことなんだけど、
ここでは「気分」って感じで捉えておこうか…。

この「気分」がアゲアゲになれば、
「良い行動」ができるよね!。

ホンキー
うん、うん、わかる、私たちのいる「潜在意識」の話だものね…。
ジャッキー
「気分」がアゲアゲなら「頑張ろう!」って力を使わなくても、
自然と「良い行動」できるよねっ。
みのる
目の前の仕事は、さっさとこなすし、人の手伝いまでできちゃったり…。
ホンキー
うん、うん、、、
ジャッキー
でもさ、「気分」アゲアゲになるのはいいけど、
どうすると、「気分」アゲアゲになるのさ…。

 

「ステイト」を上げるには…

4
みのる
「ステイト」は感情に依存している事が多いから。

例えば、

褒められた、嬉しい…⇒気分アゲアゲ
怒られた、頭くる⇒気分悪い
ってなるよね。

あるいは、

嬉しくも悲しくもないけど、気分が冴えない

って場合もある。

いずれの場合でも、この「気分」の部分を変えるには…

「フィジオロジー」の部分を変えるのが重要なんだ!

ホンキー
「フィジオロジー」??
みのる
うん、「フィジオロジー」、ここでは「しぐさ」「振る舞い」って考えていい!。
ジャッキー
でもさ、「しぐさ」「振る舞い」を変えただけで、
気分が変わるの…?
みのる
じゃ、例えばね…、

ニコーって笑顔になって、こぶしを突き上げるガッツポーズする…。
「イエ~イ」って感じでね…。

それで、暗い未来って、想像できる??

ホンキー
ん??、確かに、できないねっ。明るい事、思っちゃう
みのる
反対に、顔をクシャクシャにして、うつむいて、
頭をかかえる。「わ~どうしよ~」って感じね…。

これで、明るい未来って、想像できる??

ジャッキー
ん~、確かにできないね。ズ~ンって、暗い事を考えちゃう
みのる
そ、そ、そうなんだよっ。

「フィジオロジー」(振る舞い)と
「サイコロジー」(心理)は密接に結びついていて、

「ステート」(気分)を上げるには、
「フィジオロジー」(振る舞い)を変えることだ重要なんだっ!。

ホンキー
そうなんだ~~。
ジャッキー
確かに~。

 

良いサイクルの始まりは?

5
みのる
だから、良いサイクルは、こんな感じになる…。

「フィジオロジー」(振る舞い)を変える
・・
「ステート」(気分)が変わる
・・
「行動」が変わる
・・
「結果」が変わる
・・
「感情」(うれしい!)
・・
「次の行動」が更に良くなる

出発点は、「フィジオロジー」(振る舞い)になるんだね!!。

良い「フィジオロジー」の例

6
みのる
で、良い「フィジオロジー」
一番よく使われるのは

・「笑顔」でいること

だよね。「笑顔」は「対人スキル」としても使われるけど、
それより、自分の「ステート」を上げる効果は絶大。

その他にも、

・身振り手振りを大きくして話す
・胸を張る
・ガッツポーズ
・視線を上げる

なんて、あるよねっ。
堂々としていると、「ステート」も上がってくる。

まずは、これを理解して、
「フィジオロジー」(振る舞い)を変えることが、
いいんじゃないかな?

いきなり「行動」は変えられなくても、
「振る舞い」ぐらい変えられるよねっ。

 

まとめ

7
みのる
それでは、まとめです!!。

1.良い結果を得るには、行動を変える。

2.行動を変えるには、「ステイト」を上げる(良い「気分」になる)。

3.「ステイト」を上げるには、「フィジオロジー」(振る舞い)を変える。

4.良い「フィジオロジー」は、例えば。

(1)笑顔でいる
(2)胸を張る
(3)ガッツポーズ
(4)大きな身振り手振り
(5)視線を上げる

5.良い流れは「フィジオロジー」から

「フィジオロジー」(振る舞い)を変える
・・
「ステート」(気分)が変わる
・・
「行動」が変わる
・・
「結果」が変わる
・・
「感情」(うれしい!)
・・
「次の行動」が更に良くなる

ホンキー
わかった~。じゃ、これからは、笑顔でいきます!。
ジャッキー
ぼくは、胸を張りますっ!!。
みのる
うん、うん、いい感じだね~~。

じゃ、僕はこれから、ピカチュウ探しに行ってきます!。

でわでわ、ばいば~いっ!。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です