「ビデオカメラ」も?「一眼レフ」も?【カメラ】に映るのが嫌な人の特徴は?

鷹羽詩みのる
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ
鷹羽詩みのる です。こんにちは。
ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、
組織の【人材強化】を応援しています。
⇒【プロフィール】
⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【僕の想い】

今回は【カメラ】に映るのが嫌な人の特徴についてです。

サポート役は、【輝月のぞみ】さんにお願いします。どうぞよろしくです~~!

 

写真撮影されるのを避ける「心理」

02
のぞみ
サポート役を務めさせて頂きます、のぞみです! お~~~任せください!!

今では

TwitterやFacebookなど、
SNSで自撮り写真を上げる人が
増えました。

そんな中で、
あなたやあなたの周りの人に

 「写真に撮られることを嫌がる」

人はいませんか?

旅行に行った時など、
記念撮影をする際にいつも

 「写真撮るよ」

とシャッターを押す側に
進んで立候補する人などは

カメラを嫌がっている
可能性があります。

そんな人たちの心理は
どのようなものなのでしょうか?

のぞみ
確かに、気になるところですね~…。

 

鏡映的自己

03
鷹羽詩みのる
「鏡映的自己」って言葉、ご存知ですか…?

人は「他人」からの目を気にします。

自分という人間が
どのように見られているのか、

どんな自分を見られているのかを
気にしてしまいがちです。

人はカメラを向けられると、無意識に

 「他人の目」

を意識してしまうのです。その時、

 「他人の目を通した自分の姿」

を強く意識してしまいます。つまり、

 カメラ=「他人の目」

ということなのです。このことを

 「鏡映的自己」

といいます。

のぞみ
「カメラ=他人の目」、そしてそれを通した自分の姿…、そう言われてみると意識するかも…。

 

他人の目を通した自分の姿を意識する瞬間

04
鷹羽詩みのる
では、どういう時に意識するかというと…。

ですが、人は他人の目や自分自身のことを

 「常に意識」

しているわけではありません。

一人で居る時や、家族と過ごす時間などは
リラックスしている状態であり、

他人の目を意識することがありません。

ふとした瞬間にカメラを向けられたり、

たくさんの人の前に立ち、
まわりの注意が自分へと向けられていると
感じた時に、他人の目を感じ、

他人の目を通した自分の姿を
意識してしまうのです。

そんな時、

 「他人からこんな風に見られたい」

という「自分自身の理想が高い人」は、

現実世界での自分を意識するあまり
その状況に耐えられず

逃げたくなってしまいます。

のぞみ
「自分自身の理想が高い人」は、現実とのギャップに耐えられないって感じですかね…。

 

写真に写る時の心理

05
鷹羽詩みのる
ここでは、心理の4パターンを見ていきましょう!。

次に、写真に写る際の
「4つ」のパターン別心理をご紹介します。

キメ顔で写る

いつも同じ顔で写る人はナルシストな一面あり。

変顔で写る

自己主張が強いタイプ。

カメラを意識するあまり照れてしまった結果とも言える。

自然体で写る

自己顕示欲が弱いタイプ。

ひかえめで、協調性性ある優等生な人。

写りたがらない、写らない

自分に自信がなく、理想が高い人。

鏡を見たり、
自分が写っている写真を見るのすら

苦手だと感じるタイプ。

のぞみ
私は「キメ顔で写る」なので…、「ナルシストの一面」ですか…。ん?、ドキッ?!

 

カメラを嫌がる人の心理

06
鷹羽詩みのる
カメラを嫌がる人の心理…、分かってきますね…。

つまり、カメラを嫌がる人は

 「理想と現実のギャップを人一倍感じている人」

だということです。
また、余談ですが、

他人の目は「心理テクニック」として

 「何か説得する際」

にも使うことができます。
何かを頼む時に

 「○○さんもあなたのことを評価していたよ」

とさりげなく第三者のことをいれるだけで
効果的です。

第三者の目を意識することで、

 「できあがったよいイメージを壊したくない」

という意識から頼みごとを受け入れるのです。

のぞみ
あっ、その、他人の目を使う「心理テクニック」いいですね~~(^.^)。

 

まとめ

07
鷹羽詩みのる
それでは、まとめます~~!(^^)。

・人は他人からの目を気にする。

・しかし常に意識している訳ではなく、

 ふとした瞬間にカメラを向けられたり、
 たくさんの人の前に立ち、
 まわりの注意が自分へと向けられていると感じた時に

 他人の目を通した自分の姿を意識する。

・その時、自分自身の理想が高い人は、

 現実世界での自分を意識するあまり
 その状況に耐えられず逃げたくなってしまいます。

・写真に写りたがらない人は、
 自分に自信がなく、理想が高い人。

・カメラを嫌がる人は、理想と現実のギャップを
 人一倍感じている人。

・他人の目は心理テクニックとして
 何かを説得する際にも使うことができる。

 「○○さんもあなたのことを評価していたよ」

 とさりげなく第三者のことをいれる事が有効。

のぞみ
また「心理」をひとつ、学べました~~(^^)。

ありがとうございました~~(^.^)。

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
LINEお友だち追加で、お得情報が届きます
友だち追加
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です