成功率を上げるため「セルフ・ハンディキャッピング」を疑ってみよう

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

セルフ・ハンディキャッピングとは・・・

アメリカの社会心理学者ロバート・アーキン
提唱した考えに

 「セルフ・ハンディキャッピング」

があります。これは、

「人は、うまく行くかどうか、自信の持てない事を
 する時に、しばしば、自分で自分の妨害となる
 条件を作り出したり、そういう条件下に
 置かれたことを強調する」

というものです。

 

セルフ・ハンディキャッピングの弊害

セルフ・ハンディキャッピングの例として、
自信のないプレゼンをするときに、

・緊張が抑えられない事を主張しておく
・時間が無く徹夜で準備したことを強調する

これらは、うまくいかなかったときに、
「自分」や「他者」に対する言い訳を
作り出せていることになります。

そして、そのような中でも上手く行けば、
「自分の能力の高さ」を実感できたり、
他者に示したりできます。

これだけ考えると、
良いことがあるように思えます。

しかし、セルフ・ハンディキャッピングは、
負のイメージから考えてしまうために、

目標の達成確率が落ちてしまいます。

上記の例の場合、プレゼンがうまく行けば、
自他ともに満足感は高まりますが、

「失敗した時のイメージ」を最初に考えるため、
「プレゼン成功」の達成確率が、落ちてしまいます。

 

セルフ・ハンディキャッピングが起こりやすい状況

人がセルフ・ハンディキャッピングを
採用したくなるのは、以下のような状況です。

1.課題達成をどう評価されるかについて、自信が持てないとき
2.課題が最後まで達成できるという見通しが立たないとき

この1つ目は特に重要です。

部下の行動に批判的なことしか言わない上司の元では、
このようなことが起きやすくなります。

どうせ良い評価が得られないなら、

自分の条件を不利にしておいたほうが、
自尊心を保ち、他者から納得されるように
できるからです。

この部分は、職場環境として、
「結果」と「プロセス」の両方を評価する事が、
必要になってきます。

 

先送り問題

セルフ・ハンディキャッピングの可能性のある、
ビジネス上の問題として「先送り」の問題があります。

今できない理由をつけて「先送り」するものですが、
この時には、

 「無意識のうちに自分にハンディを負わせようとしていないか?」

と考えてみる事をお勧めします。
その事によって、

 ・先送りせずに「今やる」方法を考える
 ・「中止」して別の方法を実行する事を考える

といった考えが出てくる事もあります。
試してみましょう。

 

まとめ

1.セルフ・ハンディキャッピングとは、

 「うまく行くかどうか、自信の持てない事を
  する時に、しばしば、自分で自分の妨害となる
  条件を作り出したり、そういう条件下に
  置かれたことを強調する」

2.セルフ・ハンディキャッピングをすると、

  負のイメージから考えてしまうために、
  目標の達成確率が落ちる。

3.セルフ・ハンディキャッピングが起こりやすい状況

(1)課題達成をどう評価されるかについて、自信が持てないとき
(2)課題が最後まで達成できるという見通しが立たないとき

  特に(1)が大切で、環境としては、
  「結果」と「プロセス」の両方を評価する事が必要

4.「先送り」しようとする時には

  「無意識のうちに自分にハンディを負わせようとしていないか?」

  と考えてみる事が大切

 

たかはしみのる
◆いつも、応援しています!!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です